ちょっとした話題 アウラニ ウォルト・ディズニー・ワールド ディズニーランド・リゾート ディズニー・クルーズライン

ミッキーネットさんのディズニークルーズライン説明会に行ってきました!

昨年の11月の話しです。今更半年前の話を書くのも申し訳ないのですが、アウラニから帰ってきてわりと早い段階で、ミッキーネットさんの主催するディズニークルーズラインの説明会に夫婦で行ってきました。

私がDVCメンバーになる決心をしたきっかけ(?)はディズニークルーズライン(以下、DCL)だったのであります。

スポンサーリンク

ミッキーネットさんのディズニークルーズライン説明会に行ってきました!

海外ディズニーの専門旅行代理店として長年その存在が知られているミッキーネットさん。ミッキーネットさんでは定期的にディズニークルーズラインの説明会を実施しております。

ミッキーネット - ディズニークルーズ、ディズニーワールド、ディズニーランド・カリフォルニア、アウラニはミッキーネットにおまかせ!

http://jp.mickeynet.com/

他にはアウラニの結婚式の説明会もやってますね!

今回はDCLということで五反田にあるミッキーネットさんの東京オフィスにお邪魔して説明会に参加しました。

IMG_4415

最初に頂いたのがこちらのパンフレット群。DCLだけでなく、アナハイムのディズニーランド・リゾート、フロリダのウォルト・ディズニーワールド、そしてアウラニのパンフレットも頂くことが出来ました。

IMG_4419

ディズニークルーズラインは動くリゾート!

ご担当の方が2名、今回の説明会をナビゲートして頂けたのですが、その場で出てきた一言がこれ。

「DCLはいわば動くリゾート」

WDW(ウォルト・ディズニー・ワールド)が詰め込まれた世界だとも申しておりました。

確かに船の中にはプールもあるし、私がとっても魅了されたウォータースライダーやドレスコードを守らねばならない高級レストランに紳士淑女のためのラウンジもあればショーも上演されます。

船の中でずっと過ごすわけではなく、途中キャスタウェイ・ケイというディズニー社が保有するプライベートアイランドに寄港し、そこでたっぷりと遊ぶことも出来ますし、キャラクターグリーティングもあります。

こんなところに停泊して遊びまくるのがDCLの魅力ですね!

船内の食事は充実の「ディズニー・ローテーショナル・ダイニング」

3つのレストランを日替わりで楽しめる「ディズニー・ローテーショナル・ダイニング」というシステムがあります。ここでのポイントはどのレストランでも同じキャストが対応するので家族の好みに合わせて料理を選んでくれるのです。アレルギーのある方も事前に申し込んでおけばアレルギー対応の方向けの食事も用意してくれます。

なにしろ腕利きのシェフが世界中からこのクルーズに乗り込んでは毎日おいしい物を作ってくれるそうです。

大人の方向けにはパロ(イタリアン)とレミー(フレンチ)という2つのランクの高いレストランが存在します。ドレスコードがありますので、男性はシャツにジャケットはマストです。

予約とチャージが別に掛かりますので乗船前に全て済ませておきましょう。

クルーズ船の種類は全部で4つ

DCLで就航しているクルーズ船の種類は全部で4つあります。上から就航順に

  1. ディズニー・マジック (1998年7月デビュー)
  2. ディズニー・ワンダー (1999年8月デビュー)
  3. ディズニー・ドリーム (2011年1月デビュー)
  4. ディズニー・ファンタジー (2012年3月デビュー)

となります。

一番大きいのはディズニー・ドリーム号でその大きさが13万トン!

船の全長で捉えるとするならば東京タワーに匹敵する大きさなのだそうです。

航路は複数あり、どこも魅力的!

IMG_4422

ざっとご紹介します。

  • バハマ諸島航路
  • カリブ海航路
  • アラスカ航路
  • カナダ・ニューイングランド航路
  • メキシカン・リビエラ航路
  • ハワイ諸島航路
  • 地中海航路
  • パナマ運河航路
  • 大西洋横断航路

航路は今後も見直しや新規追加もありますが、人気なのはバハマクルーズといわれる一番上に書いた航路。

理由は3~5泊のショートクルーズだからだそうです。本来的には7泊以上船内にないとクルーズ旅行の醍醐味はなかなか得られそうもないそうですが、日本の会社員の有給取得率やその他バケーションに対する考え方を考えるとやはりバハマクルーズが妥当のようです。

ミッキーネットさんではバハマクルーズと組み合わせて、クルーズ船に乗車する前後の2泊ずつWDWで過ごす→都合8泊10日の旅行日程をサンプルモデルとしてご紹介されてました。

驚きの金額!夢は夢ではなかった???

IMG_4417

ここで気になるのは金額。

私は率直に言うと「思った程ではなかった」という印象です。

2015/4/27出発 バハマクルーズ4泊 $1793.16 (1$=120円計算で、約21万5000円ちょっと)

※2014/11/16時点のレートです。飛行機代は除きます。

飛行機も今の時代マイルを貯めた分を使えますし、チケットも早めに購入することで安く買うことが出来ます。

大手どころですと、もう少しアップした金額になりますね。今のレートで換算するとまた変わってくるでしょうが、アバウトに考えても20万円ちょっとで豪華客船に乗って遊べるんですね。

私はディズニークルーズラインってクルーズの旅の中では100万は下らないレベルという認識だったんです。

例えばこちらに記載あるような金額感、です。

最高級ラグジュアリークルーズブランド LUSSO|タイプ別|クルーズプラネット

http://www.cruiseplanet.co.jp/sp_lusso.htm

しかしながらディズニークルーズラインはさっき書いたような金額ですので世間でいうところの「ミドルクラス」に位置する金額なので、庶民でも頑張れば手が届きそうなレベルなんですよね。

飛行機代が予約時期にもより金額も変動するので何とも申し上げ用がないのですが、それでも上手く行けばアンダー40万円で旅費が収められる可能性もあります。勿論クルーズに乗る前後でWDWに1泊ずつステイすることも可能です。

ミッキーネットさんは個人手配の会社なのですが、気軽に相談に乗ってくれるディズニー専門の旅行代理店なのでこういった説明会に出て夢を膨らませるも良し、メールなどで問い合わせをしてみるも良し、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

DVCメンバーさんも結構多く利用されている専門旅行代理店です。他の旅行代理店よりも仕入れ価格が違うとのことなので「コスパ」のよい提案が出来るんだそうです。

ミッキーネット - ディズニークルーズ、ディズニーワールド、ディズニーランド・カリフォルニア、アウラニはミッキーネットにおまかせ!

http://jp.mickeynet.com/

説明会のリリースはホームページ上でアナウンスされてますので逐次チェックしてみてください!

DVCメンバーがDVC経由でディズニークルーズラインに行かない理由

DSC00845

(※ハロウィン時期にクルーズに乗るとアウラニでお目にかかれたコスチュームでキャラクターがお出迎えしてくれるんだそうです。)

ところでDVCメンバーさんがどうしてDVCではなく、ミッキーネットさんや他の旅行代理店でディズニークルーズラインを予約するのか?

答えは単純に消費するバケーションポイントがべらぼうに高いのです。

なので、DVCのメンバーさんもミッキーネットさんやその他取り扱いのある旅行代理店で遊びに行くんですね・・・。

一例を書くと、

  • バハマクルーズはミッキーネットさんで予約手配
  • 前後で宿泊するWDW(サラトガ・スプリングスなど)はDVCのポイントで消費

って感じですね。

サラトガ・スプリングスはクルーズの乗船地でもありますので、ここのステイする人は結構多いと思います。

ディズニー・クルーズライン|メンバーシップ|ディズニー・バケーション・クラブ|ディズニー

http://www.disney.co.jp/park/dvc/membership/map/cruiseline.html

海外ディズニーは決して遠い存在ではない?

IMG_3631

(※ハロウィン時期にクルーズに乗るとアウラニでお目にかかれたコスチュームでキャラクターがお出迎えしてくれるんだそうです。同じことまた書いてしつこいですが・・・。)

DVCの存在も大きいのでしょうが、格安航空券の入手も今はたやすい時代ですし、宿泊先の口コミも充実しておりますので昔と比較すると格段に海外に出かけるために苦労することが正直なくなったと思います。

そのためのツールも充実してますし(エクスペディアなど)ネットで調べて安いところを選べばいいだけですからね、しかもスマートフォンで。

旅行代理店に行かなくてもあっさりと自分でアレンジできるんですから本当に便利な時代になったもんです。

アウラニでも首都圏ではなく地方に住んでいる方も多くいらしてましたが、舞浜でバケーションパッケージでお金をかけるよりも安い金額でアウラニやメインランドのディズニーリゾートに行けることを考えると、今後も益々海外に出かける方が増えると思います。香港も皆さんLCCを使って0泊2日の弾丸ツアーで行ってますから。

舞浜は逆に国策(2020年の東京五輪)になりつつあるインバウンド(訪日客)対策としていかに海外からのお客を取り込みそしてリピーターにしていくか。ここをしっかりと考えていかないと今後益々集客が厳しくなると私は想像してしまいます。

そもそもGWも全く制限になりませんでしたしね。

混んでいたのは事実ですけども、現地にいて感じたのはクリスマスの時やアナ雪のイベントと比べるとGWの混雑なんてまだまだかわいいもんだなぁ、と。

値上げの影響か、または他の選択肢が魅力的だったのか、様々な理由はあると思いますし、今後については社内でも検討されることでしょう。

そういう意味では「今そこにある危機」が存在するとしたら、海外にお客を持って行かれている事も相応に認識した上で今後の対策を立てていかないとパークが閑散としてしまう・・・。

どうするのかなぁ、なんて想いを持ちながら最後はちょっと私的な感想を書いてしまいましたが、ミッキーネットをはじめ様々な旅行代理店でもディズニークルーズラインは取り扱い始めてますので皆さんも決して夢ではない、手が届くディズニークルーズライン。豪華なんだけどコスパ良すぎな夢の船旅をちょっとご検討されてみてもよろしいのではないでしょうか?

最後に説明会では簡単なクイズやプレゼント抽選会もあります。我が家は夫婦2名でクイズに答えて正解してこんな素敵なボールペンを貰いました。抽選会ではクルーズに乗らないと買えないものをプレゼント商品にしてました!欲しかったけどこのボールペンでも満足です(笑)。

IMG_4420

当ブログもお陰様でGoogleやYahoo!でも「アウラニ+ブログ」の検索フレーズで上位に検索されております。

また東京ディズニーリゾート攻略系サイト「TDRハック」でもアウラニに関する記事等を一部を書かせて頂いております。

これもいつもお目通しを頂いております読者の皆様のお陰であると痛感する次第でございます。

引き続き今後共当ブログをご愛読頂けますようお願い申し上げます。私も皆様のお役に立てるブログ投稿を引き続き頑張ってまいりたいと考えております。

今後の励みということで、よろしければブログランキング、ポチッと押して頂けますようお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


ハワイ ブログランキングへ

本日もお読み頂き本当にありがとうございました。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

【PR】入会すると最大で40,000ポイントを新規加入者様にプレゼント!

こちらも人気です!

-ちょっとした話題, アウラニ, ウォルト・ディズニー・ワールド, ディズニーランド・リゾート, ディズニー・クルーズライン

Copyright© DVC TOPICS , 2020 All Rights Reserved.