DVC TOPICS

ディズニー・バケーション・クラブの話題を中心にアウラニ・WDW・DLRを中心とする海外ディズニーや東京ディズニーリゾートについて紹介するブログメディア

Disney Vacation Club アウラニ

"体験"重視の滞在に価値を見出す! ~アウラニ・ディズニー・バケーション・クラブ コオリナ ハワイ、開業6周年を迎えて

投稿日:

ハワイ現地時間の8月29日(TUE) になりました。

日本時間では8月29日(TUE) 22:00を廻ったところです。

今日、アウラニ・ディズニー・バケーション・クラブ コオリナ ハワイはめでたく開業6周年を迎えました。

昨年の今時期はキャラクターが増えて、SNS上では結構盛り上がった印象がありますが、今年に関して、現段階では何の情報も出てきていませんので"何もなし"ということでしょう。

今日の記事は、"俺たちのホーム"が開業6周年を迎えて思うことを書いてみようと思います。

※ あ、フェアリーテイルウェディングのコスチュームチェンジがあったということくらいかな...

スポンサーリンク

2016~2017年のアウラニとDVCは動きのある1年だった

昨年の8月29日に新しいキャラクターが登場し、盛り上がりを見せたアウラニですが、ディズニー・バケーション・クラブの舞浜モデルショールームが閉鎖されたのがその1ヶ月後の9月末。

アウラニを代表するナイト・エンターテイメントで、とっても大好きだったスターリット・フイが公演を終了。

そして新たに始まった「カ・ヴァア:ルアウ・アット・アウラニ」はハワイの歴史や文化、伝統にディズニーのイマジニアが多大なる敬意を払った壮大なルアウとして、メインランドのゲストを中心に人気を博しています。

少し遡ってメネフネ・ミスチフも2016年途中から本格稼働し、今では公演回数も増えて多くのゲストを魅了してやまないキャラクターディナーになりました。

アウラニはここをホームとするメンバーさんは増えたけど、今年の9月を持って舞浜のメンバーリレーションが閉鎖。

DVC自体が日本市場からの完全撤退となり、開業6周年を迎えるにあたっては正直寂しいスタートとなりました。

エンターテイメントが変更し、登場するキャラクターもメンバーさんの数も増えて大きな変化のあった開業5周年のアウラニ。

久々に、本当の"我が家"のWelcome Home! が聞きたくて2016年12月に8泊10日の滞在をしてきたところです。

やはり、我が家は落ち着くね、という印象が強かったのですが、その時から今日に至るまで、SNS上でエゴサーチしていく中で気がついたことを少しこれから書いていきます。

"キャラグリ派"と"アクティビティ"派に分かれつつある傾向が

端的にいうとこんな感じでしょうか。

  • アウラニがはじめて~3回目くらい・・・キャラグリ重視
  • 3回目以降の滞在・・・アクティビティにも重きを置く

あくまでも、個人の感想なのですが、最初はやはりキャラグリにしか目が行かない人も正直言うと多いです。

ただ、回数を重ねていくうちに、いろいろな体験をしてみようかと言う方も増えてきました。

我が家は正直、まだまだキャラクターグリーティングが中心ですが、それでも、プールサイドでまったりするよりも、ここでしか体験出来ない事は出来る限り参加しようということで、色々とトライして遊びました。

DVCメンバー限定イベントはそのもっともたるものでしょうし、「カ・ヴァア:ルアウ・アット・アウラニ」も新しく始まっただけにしっかり楽しんできました。

残念ながら、私が肩の調子がいまひとつで、もう少しアクティブな遊びができなかったのが心残りでした。

例えば海に出る「セーリング・カヌー体験」ですね。

モアナごっこと言ってしまえばそれまでですが、海に出て大海原からアウラニのあの建物を観てみたかったので、次回はGo Proを購入して色々な事にチャレンジしてみたいと思います。

もう少し滞在して、今度は水着に着替えて遊んでみよう!

泳いでいたらアクティビティがはじまったので、とりあえず観るか、位のスタンスでいいかもしれませんね。

DVCメンバーは、そこそこのポイントがあれば長期間滞在できるので、いろんな事にトライできる傾向が強まると思います。

逆に一般的な宿泊者層は2~4泊が中心なのでキャラクターグリーティングが中心になるままなのかもしません。

ただ、DVCメンバーさんでも2泊アウラニに滞在してひたすらキャラクターグリーティングにキャラクター・ブレックファスト、キャラクター・ディナーとキャラグリ尽くしで満足されてホノルル・ワイキキのエリアに宿泊される方も多くいらっしゃいましたね。

そんな中、観ていて思ったのは、大きなカメラを抱えてずっとグリーティング列に待機している人が案外いるということ。そしてそういう方はお洋服をお召しになったままでした。

確かに、キャラクターグリーティングもここでしか体験出来ないものはあるでしょう。

でも、せっかく海やプールがあるところに滞在しているのに、プールにも入らず、写真撮ってグッズ買って満足して帰るのも正直もったいないな、と思いましたね。

個々人の好き好きを悪く言うつもりはないですが、もう少しいろんなことにトライしてみてもいいんじゃないかな、と思いました。

ましてや、相応の日数(繰越含めれば4泊程度)を滞在できるポイントを持っているはずなので、そのメリットを活かして様々なアクティビティにチャレンジしてもいいんじゃないかというのが私の見解です。

(※あと、メンバーさんでカメラキャストにモノ渡して色々と融通きかせてもらおうというのはやめようね。あなた方が立ち去った後、みんな凄く迷惑しきった顔しているんですよ、やっている方々はまるっきり気が付かないかもしれないけど。)

もちろん、キャラクターグリーティングには目もくれず、ひたすら読書や昼寝、そしてプールで遊ぶのもいいと思いますけどもね!

アウラニで一眼はあまり要らない

これは余談です。

先日RTで廻ってきた記事がありました。

ディズニーブログ界を代表するお二方の記事を拝読し思ったのは、オーランド(WDW)でもそうならば、アウラニなんてもっとそうじゃん!ってことです。

どうしてもキャラクターグリーティングで使いたくなる、あるいは特に私は、ですがブログの素材で写真を使うのでどうしても一眼レフを使いたくなるのですが、のんびりゆったりするために来ている場所でわざわざ一眼レフを使ってキャラクター撮影に頑張るのも、やはりおかしいものなのかもなぁ、と記事を読んで思ったのです。

夜、着替えてから、沈む夕日や夜景を撮影するには一眼レフを使うのがいいんでしょうけども、昼間はぶっちゃけ要らないな、という感想ですかねえ。

そもそも濡れるし、湿度もそこそこある場所だし。

次行くときはGo Proを持っていく(もしくはもっと小型で良い性能の何か)予定なので、プールエリアやキャラクターグリーティングでの一眼利用は考えるかもしれません。

iPhoneあれば確かに何とかなるし。

これ、前使っていたiPhone 5 Plusで撮影した写真なんです。

撮って出しを貼ってみたのですが、自分で見て楽しむ分には正直これくらいでいいかな、と思いますね。

とウダウダと書いてしまいましたが、6年目のアウラニもきっと変わらずに素敵な場所として存在し続けてくれることと思います。

かなり日本人向けにカスタマイズし続けているので、今後も日本人向けに何か様々な企画を出してくるのかも知れません。

メインランドの人が来るより日本のほうが来やすいというのもあるでしょうけどね。

DVCの拠点がなくなり、存在の認識自体が薄れてしまいそうですが、SNSでもブログでもなんでもいいので、みんなで楽しく遊んだ思い出を書いていけば、少なくとも気に留めてくれる人の頭の片隅には生き残るかな、という感じですかね。

さて、最後になりますが、私は2017年と2018年のポイントを総ツッコミい近い状態で来年のメンバークルーズに行きますのでアウラニは早くても2019年3月以降になります。

早めに行ってまたのんびりしたいんですが、勢いでメンバークルーズにポイントを突っ込んだので(笑)、しばしのお別れになりますね。

あとは転職したてで有休もまだないので、日帰りで香港くらいかなぁ、今年は行けたとしても。

ともあれ、開業6周年おめでとうございます。また、何かアニバーサリーイベントがあれば空いた時間を使ってブログを更新します。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

【PR】入会すると最大で40,000ポイントを新規加入者様にプレゼント!

こちらも人気です!

-Disney Vacation Club, アウラニ

Copyright© DVC TOPICS , 2018 All Rights Reserved.