Disney Vacation Club アウラニ

DVCの舞浜イクスピアリモデルショールームが2016年9月末を持ってクローズへ

今夏、第一報を掴みつつも確証のない”噂”だったのですが、メンバーさんの家に文書が届いているのを確認出来たため、ブログでもピックアップします。

ポイントは「既存メンバーへのサポートフォローの強化」にシフトするというお話しです。

DVCの舞浜イクスピアリモデルショールームが2016年9月末を持ってクローズへ

IMG_6751

もうタイトルのとおりですが、来年2016年の9月末を持って舞浜のディズニー・バケーション・クラブモデルショールームが終了します。

私なりの解釈を簡単に書くと「新規開拓営業のボリュームを落とします」という事です。

2010年に出来てから、5年間アウラニのヴィラを中心に販売をし続けた営業活動を見直して、今後は既存のメンバーさんへのサポートやフォローに移行するということになります。

2016年10月から舞浜にディズニー・バケーション・クラブの新カスタマー・サービス・センターが設立へ

場所はイクスピアリの中にと書いてあります。今ある場所ではないかもしれませんが、メンバーサポートの強化にシフトをしていくそうです。

もともとフロリダにDVCのカスタマーサービスセンターがあります。

メンバーの皆さんの多くは一度はお世話になっていると思います。現地の方で一生懸命日本語をお勉強されたであろうキャストの方が誠意を持って対応して頂いております。

現段階では「フロリダではなく舞浜でもメンバーからの問い合わせを受ける」とは明言しておりませんが、文面から読み取る限りでは、フロリダで受けている時の火曜日~日曜日9:00~17:00という時間帯での応対ではなくもっと日本のメンバーさんが気軽に問い合わせしやすい日時にシフトするんだろうとは思っております。そしてそれを出来る限り舞浜で受けるという感じでしょうか。

ここらあたりはまず今後の発表などを待つのが1番かと思います。

国内で利用できるRCIエクスチェンジも利用可能な施設数が17→22へ

RCIエクスチェンジとは、簡単に言うとDVCのポイントを使って他社のタイムシェア・リゾートを活用できるというものです。

これが日本国内で従来より5施設増えて22の施設で活用できるようになったそうです。

名古屋、福岡のヒルトン、東急Big Weekの施設5箇所(京都・軽井沢・箱根強羅・蓼科・伊豆高原)だけでなく、過去にお伝えしました浦安ブライトンホテルもRCIエクスチェンジで利用できるようになっております。

いつもアウラニ!とかアナハイムでグラカリ!といかなくても今年は軽井沢で過ごす、蓼科で過ごすという時に活用できるという意味では”休暇先の選択肢が増えた”という事で利便性の向上をうたっておりますね。

メンバーサイトも2016年4月よりリニューアルへ

先日覗いた英語版のDVCメンバーサイトもリニューアルしておりましたが、国内のDVCメンバーサイトもより使いやすくなるように改良を加えてくださるようです。

使いやすくなる分にはありがたいですし、英語版のサイトとの情報差異が生じないようにして欲しいというお願いも個人的には有りますね・・・・・。

モデルショールームが閉鎖になると新しくヴィラを買う事が出来ないの?

結論はNO!です。

まずは、メンバーサポートに一度電話をして相談をするという形式になっております。

また文書ではアウラニの話しか書いておりませんが、現地で日本語のわかるスタッフの方がちゃんと対応できるようにするという記載があります。

なので、ポイントの買い増しだけでなく物件の新規購入も対応をして頂けるという事は確定しております。

ただし今までどおりのモデルショールームがなくなるので実際の部屋を見て廻ることが出来なくなるのは事実です。観たいならば現地で現物を見るという確率が高いということになるかと。

モデルショールームがクローズの背景

IMG_8154

ここからは妄想です。

まず、そもそもアウラニのヴィラを売り出すためにこのモデルショールームが出来ました。

日本人からすると、WDWのサラトガとかアニマルキングダムロッジよりも「ハワイ」という場所が馴染みのある場所になるでしょうから、ここで拡販に力を注ぐのは当然といえば当然だったのかもしれません。

なにせ海外旅行での渡航先で常に上位にランキングされる場所なので、そこに皆が大好きなディズニーの滞在型リゾートホテルが出来るという所では周囲の耳目を集めるには十分なものだったでしょう。

事実完成もしていないのに模型だけ観てほぼ即決でヴィラを買った我が家のようなメンバーさんは少なからずいらっしゃると思います。

そして実際ヴィラを購入されている方の殆どがアウラニです。

これがもしグランドフロリディアンのみだったらもっとクローズが早かったとすら思います。

クローズということは、ひとまずの販売基準値はクリアをした、という考えもできますし、想像するより販売に苦戦したため経費削減策の意味もあってのクローズなのかもしれません。

ぶっちゃけ、舞浜のモデルショールームの維持費もバカにならないだろうな、とも思っておりましたし。

現段階で、書面を見る限りではクローズの明確な理由は何一つ書いてありません。

円安などの価格高騰要因が足かせとなり、販売が大変だったという話はよく耳にしましたが、前向きに捉えると今後は既存のメンバーさんを今以上に大事にしてくれるという事でいいんじゃないかな、と思います。

今年は2回もメンバーミングルラウンジを開催して頂きました。これもクローズに向けた符牒だったのかと思うと今となっては理解できますね。

https://dvctopics.com/?p=2543

https://dvctopics.com/?p=2666

https://dvctopics.com/?p=3179

2011年にはメンバー向けのスペシャルサンクスナイトもありましたが、それ以降まるで持って何もなかったので不満といえば不満でした。

最近ですと「Disneysurvey.com」というディズニー社のリサーチ部門にあたるような関連会社を使ったメンバー向けのアンケートもありましたし、私の身近な所では、担当営業の方の交替アナウンスがあり、日曜日に新任の方からお電話を頂いた次第でした。

じわじわと動いていたんですね。

今夏、たまたまTwitterで噂を知り、しかし確たる証拠をつかめないままでしたが、正式なアナウンスが文書でメンバーさんに配られているということで記事にしました。

今後より具体的なアナウンスが出てくることは間違いありませんが、新規開拓のボリュームを落とし、既存フォローに移行するという解釈でいいと思います。

少し残念でもありますが、新しいフェーズに向けて動き出したディズニー・バケーション・クラブ。今後の充実したメンバーサポートに強く期待します。

2016年9月末までは通常通りの営業なので、今のうちにモデルショールームに行って話を聞きたい!という方は「Right Now!」という事でフリーダイヤルに電話して予約を入れてみてはいかがでしょうか?

現在ではアウラニとフロリダのポリネシアンが販売されております。

ディズニー・バケーション・クラブ|ディズニー|Disney.jp|

http://www.disney.co.jp/park/dvc.html

東京ディズニーリゾート内にあるDVCのブースがどうなるのか、気になる所ではあります。

皆様にも直に書面が届くと思います。

ご不安に思われる方はメンバーサポートにお電話をしてみてください。その旨も記載がありますのでご確認をお願い申しあげます。

いつもご愛読誠に有り難うございます。

現在、筆者は当ブログの他に下記サイトでも執筆を行っております。

2014年8月~
東京ディズニーリゾート攻略系サイト「TDRハック」
http://tdrhack.com

2015年7月~
ウレぴあ総研ディズニー特集
http://goo.gl/nYf0q5

力を入れて書いておりますので、当ブログともどもよろしくお願い申し上げます!

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-Disney Vacation Club, アウラニ

© 2020 DVC TOPICS