DVC TOPICS

ディズニー・バケーション・クラブの話題を中心にアウラニ・WDW・DLRを中心とする海外ディズニーや東京ディズニーリゾートについて紹介するブログメディア

Disney Vacation Club アウラニ

"Mele from Aunty’s Beach House Aulani, A Disney Resort and Spa"がナ・ホク・ハノハノ・アワードでコンピレーションアルバム・オブ・ザ・イヤー賞を獲得

投稿日:2017-06-04 更新日:

アウラニ・ディズニー・バケーション・クラブ・ヴィラ・コオリナ・ハワイの「カレパストア」や「ハレマヌ」で購入出来るCD"Mele from Aunty’s Beach House Aulani, A Disney Resort and Spa"がハワイ音楽のグラミー賞とも言われ、今年で40回目を迎えたナ・ホク・ハノハノ・アワードで見事コンピレーションアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。

今記事はこの話題で。

スポンサーリンク

"Mele from Aunty’s Beach House Aulani, A Disney Resort and Spa"がナ・ホク・ハノハノ・アワードでコンピレーションアルバム・オブ・ザ・イヤー賞を獲得

とっても残念なことに日本でのiTune配信がまだなされていません。

このアルバムは古くから親しまれているディズニー音楽をハワイアンソングに仕立て上げたもので、リゾート内でも聴けたりします。

特にエレベーターホールで聴けますね。

Disney Parks Blog内ではPRマネージャーのMichael Ramilezさんも詳細を説明されてますが、ハワイの音楽会でも高名なプレイヤー・クリエイター兼プロデューサーでもあるKenneth Makuakāne (ケネス・マクアカネ)さんが指揮をとって作成したコンピレーションアルバムです。

ちなみに、Kenneth Makuakāneさんはこんな方です。

私も大変に恐縮ですが存じ上げませんでした。

ただ、こういうその世界で知られた実力者を起用して周囲の期待を上回るクオリティの高い作品を作り上げていく事を継続して続けているのは本当に素晴らしいものだと感じますね。

マカアラ・ロビーというか、アウラニのテーマソングもケアリィ・レイシェルですしね。

本物を追求する姿勢はとっても凄いといつも思いますね。

日本で入手できないのが辛い限りですが、お出かけの際は是非ともゲットしてみて下さい。

私も昨年12月に行ってきた時、カレパ・ストアのレジ後ろにあるのを偶然見つけて大騒ぎして買ったくらい(笑)。

聴けば聴くほどにまたアウラニに行きたくなるCDです。

13曲の内訳は以下の通り

  1. Nā Pono O Ke Ola Nei (The Bare Necessities)
  2. Hipa Hulō La, Hipa Lā Ē (Zip-A-Dee-Doo-Dah)
  3. Hawaiian Roller Coaster Ride
  4. Ka Lalo Kai (Under the Sea)
  5. He Launa (Welcome)
  6. Nou Mau Nō Au (You've Got a Friend in Me)
  7. Noho Mai (Be Our Guest)
  8. Ka Huaʻi a Ka Makani (Colors of the Wind)
  9. ʻAʻole He Lā Pōuliuli (We Belong Together)
  10. Pēlā Nō E ʻIke Ai (That's How You Know)
  11. He Ao Iki Nō (It's a Small World)
  12. I Mōʻī Ana Auaneʻi Au (I Just Can't Wait to Be King)
  13. Ke Noi Aku I Kahi Hōkū (When You Wish Upon a Star)

早く日本でも配信されてほしいものです。

下記記事作成にあたって参照したブログになります。

「カレパ・ストア」と「ハレ・マヌ」2つで売っていたのを私は観たので、おそらくあると思います。

おみやげにもなりますので是非とも買ってみて下さい。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

【PR】入会すると最大で40,000ポイントを新規加入者様にプレゼント!

こちらも人気です!

-Disney Vacation Club, アウラニ

Copyright© DVC TOPICS , 2018 All Rights Reserved.